Project.003-03:北村薫作品縁の地紹介本『北旅ー関東信越(2)編』の概要

1.目的・目標

「再び見つける北村薫」シリーズでは旅行記スタイルを取っていた北村薫作品縁の地の紹介ですが、写真はモノクロで小さくて何だかよく分からないし、管理人がやたらせわしなく歩き回っているばかりで、なんだかこれを読んで行きたいと思う人はあまりいないんじゃないか、ならばピンポイントに縁の地を紹介することに専念した方がいいんじゃないか?と思って、作成に到ったのがこの「北旅」シリーズです。

2.内容について

北村薫作品縁の地紹介本シリーズ『北旅』関東信越(2)編表紙
北村薫作品縁の地紹介本シリーズ『北旅』関東信越(2)編表紙
No 項目 内容
01 序文 発行理由、概要など
02 本文 ・春日部:市立中央図書館、市立文化会館、旧ロビンソン百貨店、古利根川など
・市川・松戸:手古奈霊堂、里見公園、野菊の墓文学碑など
・佐倉:DIC川村記念美術館
・鎌倉:長谷寺、光則寺など
・二宮:吉田屋、商店街など
03 あとがき 刊行予定など

3.仕様

発行所: 北村亭/arumatik Publishing
発行年月日: 2019年4月30日
判型: A5
ページ数: 32(表紙・裏表紙含む)
初版: 50部
写真・執筆・デザイン: やまーちょ(北村亭管理人)
印刷所: 株式会社グラフィック
その他: 全ページカラー

4.頒布方法について

No 項目 内容
01 方法 文学フリマ(第二十八回文学フリマ東京第四回文学フリマ札幌第七回文学フリマ大阪、第五回文学フリマ福岡に出展予定)、および当サイトおよびBOOTHでの頒布を実施します。また北村薫先生関連のイベントなどとのコラボレーションも検討中です。
02 価格 500円
※上記価格は文学フリマ等での手売り頒布の場合の価格です。
 北村亭及びBOOTHでの通販頒布の場合、所定の発送手数料(300円)をいただきます。
03 時期 2019年5月6日開催の第二十八回文学フリマ東京より頒布を開始します。

5.予定

2019年3月下旬に校了しました。
2019年4月末刊行予定です。

6.その他諸則

・本誌は北村薫先生とは直接関係ない、北村薫ファンサイト北村亭管理人が個人的に作成するものです。誌面の内容についての最終責任は構成・編集を実施した北村亭管理人にあります。また本誌の内容はあくまで個人の取材・研究の範疇と認識しております。
・誌面中の文面・写真について異議申し立てを行いたい場合は、まず問い合わせフォームより当方までご連絡いただき、協議させてください。北村薫先生および関係者に対して申し立てることはお止めください。
・本誌は基本原則として北村亭運営ポリシーに則り、個人情報および著作権に十分配慮して制作いたします。
・誤字・脱字については十分注意いたしますが、皆無を保証することはできません。悪しからずご了承ください。誤字脱字等を理由とした返本・返金要求は受付致しかねます。
・乱丁、落丁以外の、内容を理由とした返品・返金要望には基本的に応じかねます。悪しからずご了承ください。
・本誌は広く市場流通する出版物ではありませんので、世間的な影響は極小です。よって内容を理由とした回収、改訂要求、および損害賠償請求等には応じかねます。悪しからずご了承ください。

改訂:2019年3月26日