arumatik publishing

概要

Project.001:北村亭開設20周年記念同人誌『再び見つける北村薫』の概要

1.目的・目標

本誌は2018年で北村亭を開設してから20周年という節目になる、ということにハッと気づき、こんな区切りのいい年じゃないとできないようなちょっと大きな活動をやってみよう!ということでこの記念誌刊行を企画しました。
北村亭といえば北村薫先生。北村先生一筋に活動してきましたが、北村先生の活動も文芸・ミステリ作品一筋ではなくなり、詩歌など新たな分野の開拓にも余念がありません。
しかし、それとともに昔の作品が好きだった方がすこーし少なくなってきたような気がしています。

本誌を手に取ることで、いや手に取らなくても作っているということを知ることで、北村作品の読者の方に(特に元読者だった方)北村作品を再度手にとってもらうきっかけを作りたい、そしてあわよくば新たな北村ファンを増やしていきたい。
そう考えつつ制作しております。
なお本誌制作は北村亭管理人の個人事業です。しかも初めて同人誌的なものを作ります。スケジュール的にはかなりバッファを持たせていますが、かなり手探りで進めているのできちんとできあがるかどうか。。。
しかしネタになるコンテンツと口コミで広まりさえすればなんとかなるような気がしますので、ぜひ皆様ご協力のほど、宜しくお願いいたします。

2.内容について

No 項目 内容
01 北村薫の軌跡 作家デビュー後の主な経歴・作品・活動をできるだけ詳細に掲載します
02 作品縁の地探訪 作品ごとの舞台となった土地を訪問し、その写真などをもとに情景をお伝えします。
03 作品を支えた人からの視点 北村薫作品を北村薫先生と一緒に作り上げてきた方々からのインタビューを掲載します。
編集者、装丁家、装画家、演者などの8~10名位の方からご協力をいただくべく交渉中です。
04 読者からの視点 読者アンケートの回答を掲載します。
お気に入りの作品・気に入らない作品、北村薫の作家性をどう捉えているか、次に書いてほしい作品、などの質問を設定しています。
05 北村試験 北村亭にて2005年から展開してきた「北村試験」の中から精選した問題をお届けします。
06 ランキング 北村亭にて展開してきた作品ランキング・キャラクターランキング・他作家ランキング・映像化ランキングの制作時点の結果をお届けします
※判型はA4版で、100ページ前後を想定していますがまだ未定です。
※上記順番は掲示の都合であり、編集時に適宜変更させていただきます。
※上記は2017年5月時点で予定するものであり、制作過程で追加・変更・削除する場合があります。
※制作に関し叱咤激励・ご意見・カンパ・アドバイス等ありましたらお問い合わせフォームよりお願いいたします。


3.頒布方法について

No 項目 内容
01 頒布方法 2018年5月6日に開催される第二十六回文学フリマ東京への出展・販売を主として、当サイトでの予約通販、およびクラウドファンディングサイトの活用を検討しています。
02 頒布予定価格 1,000円
※頒布形式に応じて手数料(送料含む)をいただく場合があります。
※文学フリマ会場での販売分のみ、生徒手帳・学生証を提示いただければ「学割」として500円でお分けします。
03 頒布時期 2018年5月以降を予定しています。
04 初期部数 200部程度を予定しています。
※関係者への献本等の数量も含むため、すべてが頒布対象ではありません。
※第二十六回文学フリマ東京が抽選出展となり、外れた場合は、2018年11月頃開催予定の第二十七回文学フリマ東京に出展するようにいたします。(第二十六回で残部あればVol2の告知もかねて参加します)
※クラウドファンディングサイトでの公開および募集開始は、2017年12月上旬を予定しています。
※頒布の機会をできるだけ増やしたいため、頒布方法は今後追加する可能性があります。
※すでに製作費が想定額をオーバーしたため、クラウドファンディングサイトで比較的低額の「協賛」枠を設け、誌面献辞欄に応募してくださった方のお名前を掲示することを予定しています。

4.予定

「進捗」ページに掲載しておりますのでご参照ください。

5.その他諸則

・本誌は北村薫先生とは直接関係ない、北村薫ファンサイト北村亭管理人が個人的に作成するものです。誌面の内容についての最終責任は構成・編集を実施した北村亭管理人にあります。誌面中の語彙、文面について異議申し立てを行いたい場合は、まず問い合わせフォームより当方までご連絡ください。北村薫先生および関係者に対し、直接申し立てることはお止めください。
・本誌は基本原則として北村亭運営ポリシーに則り、個人情報および著作権に十分配慮して制作いたします。
・誤字・脱字については十分注意いたしますが、皆無を保証することはできません。悪しからずご了承ください。
・乱丁、落丁以外の、内容を理由とした返品・返金要望には基本的に応じかねます。悪しからずご了承ください。
・本誌は広く市場流通する出版物ではありませんので、世間的な影響は極小です。よって内容を理由とした回収、改訂要求、および損害賠償請求等には応じかねます。悪しからずご了承ください。